スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警視庁巡査長が拳銃自殺 東京・杉並区(産経新聞)

 14日午後4時20分ごろ、東京都杉並区の警視庁荻窪署7階の単身寮で、同署地域課の巡査長(27)が頭から血を流して倒れているのを同僚の警察官が見つけた。病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。現場には巡査長携帯の拳銃が落ちており、同署は拳銃で自殺したとみている。

 同署によると、巡査長は勤務中だったが、所在が分からなくなり、同僚が巡査長の部屋を見に行ったところ倒れていたという。

 亀井徹夫署長は「拳銃を使用して自殺したことは誠に遺憾。今後、事実関係を明らかにしたい」とコメントした。

【関連記事】
マンションで暴力団組長が拳銃自殺か 東京・日本橋
海ほたるで拳銃自殺 千葉
白バイ隊員が拳銃自殺 茨城県警の合同庁舎トイレ内
警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所
署内で巡査長が拳銃自殺 浦安署

<沖縄公庫>ずさん融資 転用未許可農地ホテル建設に8億円(毎日新聞)
ハート猫 「チャコ」人気 佐賀(毎日新聞)
来年のセンター試験1月15、16日に実施(産経新聞)
横浜同級生刺傷、事件前の心境つづるメモ押収(読売新聞)
<「命の教室」>中高生に広がる…犯罪被害者の遺族講師に(毎日新聞)
スポンサーサイト

篠山の女児転落死、窓際に本棚…文科省通知違反(読売新聞)

 兵庫県篠山市の市立古市小学校で1年の酒井綾菜さん(6)が校舎3階図書室の窓から転落死した事故で、市教委は3日、窓の下に足場となるものを設置しないよう求めた文部科学省の転落事故防止の通知を守らず、窓際に本棚を置いていたことを明らかにした。

 当時、室内に見守り役の職員がおらず、本棚を置いていたことなどの要因が重なって事故が起きた可能性が高まった。市教委は同日、臨時の校長会を開き、事故の再発防止を指示した。

 市教委と篠山署によると、転落した図書室の窓は床から高さ1・2メートルにあり、窓の下の壁沿いに高さ80センチの本棚が置いてあった。

 文科省は、東京都の小学校で2008年6月に男児が天窓から転落死したのを受け、同年8月29日付で「学校における転落事故防止の留意点」とした文書を都道府県教委などを通じ、各学校に周知するよう通知。「窓下に足掛かりとなるものは設置しない」などの注意事項が示されていた。

 今年4月にも鹿児島県の小学校で、男児が天窓から落ちてけがをする事故があり、文科省は同月15日付で、学校での安全点検の実施を求めていた。古市小は安全点検を行っていたが、図書室の本棚は見落としていたという。

 一方、同小の授業参観だった2日は午後2時10分に参観が終わった後、同4時20分まで保護者の救急法講習会や学級懇談会を計画。この間、保護者から希望のあった児童約20人を図書室で預かっていた。

 同小では、児童を預かるための職員配置を当日に決め、校長が2人の非常勤職員に午後3時45分まで図書室で勤務するように指示。しかし、その後の交代要員がおらず、教頭が対応しようとしたが、ほかの保護者の対応に追われ、図書室に行けなかったという。

 事故を受け、2日夜に記者会見した河南秀和教育長は「安全、安心であるべき学校でこのような事故が起き、痛恨の極みで遺憾」と陳謝。細見智生校長も「(酒井さんを)幼稚園の頃から知っており、かわいく素直な子だった。申し訳ないという気持ちでいっぱい」と声を詰まらせた。

 同小では2日夜、緊急の保護者会を開き、約100人の保護者に細見校長が謝罪。3日は全校集会で酒井さんの冥福を祈って全員で黙とうした後、午前10時で授業を終え、帰宅させた。

 市は3日、スクールカウンセラー4人を同小に派遣。県教委も4日、教職員OBでつくる学校支援チーム3人を派遣する。

麻酔科医師、ホテルで覚せい剤を所持した容疑(読売新聞)
<文科省>4事業を廃止判定(毎日新聞)
<鍋のファッションショー>小鍋やおたま、ザルやフォークのドレス(毎日新聞)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
「別れた両党から推薦」無念・不安の候補者陣営(読売新聞)

天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)

 福岡県は27日、外郭団体などへの職員再就職に関する透明性を高めるため、再就職者の氏名や団体名などをホームページで公表すると発表した。28日に平成21年度分を掲載する。

 公表するのは(1)氏名(2)退職時職名(3)退職日(4)再就職先団体名、役職名(5)再就職日。20年度以前のデータは掲載されないが、22年度以降の分は来年度から順次公表していくという。県人事課は「個人情報保護審議会の答申を踏まえて公表を決めた」と説明している。

 福岡県では、県町村会職員による県幹部への接待問題で戒告処分を受け、3月末に退職した前商工部長(59)が県の斡旋(あっせん)で、県が出資する財団法人の専務理事に再就職していたことが発覚している。

【関連記事】
公益法人仕分け 省庁との癒着構造ただせ
事業仕分け 「廃止」連発 ギャラリー意識?
「宝くじ発売中止」を撤回 「廃止」は82事業中39事業
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴
庶民の夢は?仕分け人「天下り解決まで宝くじ販売停止を」
虐待が子供に与える「傷」とは?

「岡本ホテル」きょう捜索 出資法違反容疑 200億不正集金か(産経新聞)
映画「ABATOR」から考える政治のあり方(産経新聞)
移動販売アイス店にみかじめ料を要求 組幹部に中止命令(産経新聞)
未承認薬開発、来秋にはある程度の実績を―製薬協新会長(医療介護CBニュース)
郵便事業会社“身だしなみ”で「ひげ禁止」(産経新聞)

<高速道路>新上限料金、6月導入を先送り 前原国交相(毎日新聞)

 前原誠司国土交通相は18日の閣議後会見で、6月からの導入を目指していた、高速道路の新たな上限料金制度の導入を先送りする考えを示した。

 前原氏は「(国会での)審議日程が限られるなか、関連法案が現時点で委員会の審議前。準備のめどが整った無料化社会実験を先行して6月下旬から始める」と説明。そのうえで、新料金の導入時期については「今後の国会の審議状況を踏まえて決めていきたい」とした。現行の普通車休日1000円などの料金制度は当面、維持される。【寺田剛】

【関連ニュース】
前原国交相:「二律背反」と小沢幹事長を批判 高速新料金
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
高速料金:政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で
高速無料化:CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算
社説:論調観測 高速料金混迷 政権へのあきらめ投影

両立って?! 中田宏氏 「ヤワラちゃん」擁立に苦言(産経新聞)
盗まれた携帯、犯人はそこだ…GPSで特定・通報(読売新聞)
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁(産経新聞)
小学生の携帯代増加=「月3、4千円」が最多―PTA調査(時事通信)
<レールランナー>鉄路も道路も、これ1台 点検や災害時に(毎日新聞)

「首相の発言は無責任」島民から怒りの声(読売新聞)

 「徳之島の皆さんに大変な混乱、ご迷惑をおかけした」――。沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡り、7日、鹿児島・徳之島の3町長と東京都内で初めて会談した鳩山首相は、3日前の沖縄訪問と同様、謝罪の言葉を真っ先に口にした。

 首相が普天間飛行場の機能の一部移転を地元に説明するのは、この日が初めて。徳之島への移転案が表面化して3か月以上もたってからの謝罪や説明には、3町長はともに「何十回会っても平行線」と厳しい反応で、島民からも「首相の無責任な発言に振り回されている」と怒りの声が上がった。

 3町長との会談は7日午後3時から、東京・永田町の首相官邸で始まった。

 100人以上の報道陣が見守る中、鳩山首相は、3町長や鹿児島県の伊藤祐一郎知事に向き合うと、今月4日に沖縄を訪問して「すべてを県外にというのは難しい」と語った時とほとんど同じように、伏し目がちに切り出した。

 「普天間飛行場の機能の一部を、徳之島にお願いできないか」「遅きに失してしまったことを申し訳なく感じているが、率直にお願いをさせていただきたい」

 黙って聞いていた3町長のうち、天城町の大久(おおひさ)幸助町長は、移設に反対する島内外の住民ら約2万6000人分の署名を首相に手渡しながら「重いですよ」。伊仙町の大久保明町長は、「沖縄県民の気持ちは痛いほど理解できる」と述べた後、首相が今年1月の施政方針演説で、「非暴力」を掲げたインド独立の父、マハトマ・ガンジーを取り上げたことも持ち出し、今回の移設案の再考を訴えた。

 うつむき加減に聞いていた首相が「私は奄美大島、徳之島にあこがれていた。大好きだった相撲取りが島出身と聞くたび、行きたいなと考えていた」と話題を変えても、徳之島町の高岡秀規町長はじめ3町長は険しい表情を崩さなかった。

 同じ頃、徳之島町の公民館には、移設反対派の住民約20人が集まって、3町長が移設を拒否したことを伝えるテレビニュースを見ていた。「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山(かばやま)幸栄会長(55)は「町長たちが、首相に臆することなく伝えてくれたことがうれしい」と語る一方、「首相の無責任な発言に振り回されている気がしてならない」と憤った。

新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
<架空発注詐欺>容疑で全日空子会社元社員を逮捕(毎日新聞)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
プロフィール

おおたなおとさん

Author:おおたなおとさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。